ぎっくり腰の治し方すぐに痛みをとる方法

MENU

お風呂に入っても大丈夫?

ぎっくり腰になっても、お風呂に入って大丈夫なのでしょうか。

 

結論から言うと、症状が軽くても、長時間お風呂に浸かることは避けないといけません。腰に急に痛みを感じた時には、バスタイムにはお風呂には入らないようが、無難な選択と言えるでしょう。

 

腰にギクッと激痛を感じて、動かせないだけではないです。それから時間が経過をして、さらに痛みが激しくなって、動けなくなることもあります。

 

痛みを感じる部分に、内側で炎症を起こすこともあります。だから痛みが強くても弱くても、その時には入浴をするのは避けるべきです。血行をよくしてしまうので、内部の炎症は悪化しますし、痛みはどんどんきつくなります。

 

これは入浴だけのことではなく、お風呂に長湯をするだけではなく、入浴以外の行動であっても、患部を温めないことに意識を向ける必要はあります。

 

腰には痛みを感じてはいても、それでも入浴をしてスッキリさせたい人はいます。しかし、腰に痛みを感じているならば、お風呂はおすすめはできないです。

 

浴槽へ入るのは我慢をして、バスタイムはシャワーを素早くして済ますくらいにしましょう。汗やホコリを、シャワーで軽く洗い流すのです。しゃがむ姿勢をしたり、腰を無理に屈めたりすると、腰への痛みは強くなります。だから、体勢としても腰に負担をかけないように、痛みが少ないスタイルを心がけて、短い時間でシャワーを済ませましょう。

 

痛みが強い時には、体は濡れたタオルで拭き取るくらいがいいでしょう。