ぎっくり腰の治し方すぐに痛みをとる方法

MENU

治療期間について|どの位で治るのか?

ぎっくり腰は、それのもつ「その場から動けないほどの激痛」「何気ない動作もままならない」といった恐ろしいイメージとは対照的に、その痛みは短期間で治まってしまうというのが一般的です。症状が和らいでいく過程で、軽い痛みにじわじわと悩まされる慢性期を考慮に入れたとしても、1ヶ月と経たず完治します。ぎっくり腰になってすぐは、患部がひどく炎症や腫れを起こしていますので、この時点ではイメージ通りの辛く激しい痛みに襲われます。そのためこの段階では、腰の固定や冷却による応急措置を施し、最大限の安静を保つことが必須となります。しかしその後2、3日で炎症は治まり、発症直後のような状況からは脱して、日常生活にもある程度の復帰ができます。ただし慢性痛が続きますので、ここでは患部を温め血行を良くし、なるべく無理をしないようにということを心がけましょう。患部の冷却よりも温めの方が楽だと感じ始めることが、この段階に入った目安となります。そこから1週間、長くて2週間で慢性痛も引き、元の生活に完全に復帰できる、完治と言える状態になります。以上の通りぎっくり腰は、イメージするような辛い期間は3日と短めですが、それで完治するわけではありません。むしろここで大切なのは、その後の2週間を油断せずできる限り無理なく暮らすべきだということです。ぎっくり腰の治療期間は、正しく無理のない処置を施せば1ヶ月、というのが適切な理解となるしょう。