ぎっくり腰の治し方すぐに痛みをとる方法

MENU

痛み止め薬の種類

ぎっくり腰の痛み止めの薬には、消炎鎮痛剤、血流改善薬、筋弛緩剤、などがあります。
消炎鎮痛剤は、体の組織が損傷した時に炎症を鎮める薬です。市販薬の痛み止めは、たいていこの消炎鎮痛剤を意味しています。生理痛の時などに飲む痛み止めも、ほとんどがこの消炎鎮痛剤です。
椎間板ヘルニアが原因のぎっくり腰には、この消炎鎮痛剤が有効です。筋肉、骨、椎間板などの損傷が疑われる場合には、これを使うと良いでしょう。
しかし、神経の損傷、ストレス性の症状には効果がありません。
血流改善薬は、血流を良くして症状を和らげます。これは腰部脊柱管狭窄症のような症状に有効です。ぎっくり腰で血流が悪くなって症状が悪化している場合には有効な可能性もありますが、痛み止めとして使うのはあまり適しません。
筋弛緩剤は、中枢神経に働きかけて筋肉の緊張を和らげる作用があります。消炎鎮痛剤で痛みが和らげられない場合に、消炎鎮痛剤と併用するような形で処方されるケースが多いです。筋弛緩剤は重度のぎっくり腰に効果的です。
ぎっくり腰の原因が特定できない場合には、消炎鎮痛剤や筋弛緩剤が処方されて、それでも効果が小さければ精神安定剤のようなストレスによる痛みを抑える薬が処方されるケースが多いです。
他にも、ビタミンB1、B6、B12、Eのようなビタミンには、筋肉や神経に作用して痛みを和らげる効果が期待できます。大きな副作用もないので、安心して服用できるのがメリットです。