ぎっくり腰の治し方すぐに痛みをとる方法

MENU

軽いぎっくり腰の症状

例えば、ゴミ袋を持って捨てに行こうとした場合、急に腰が痛くなる時があります。
いわるゆぎっくり腰の症状ですが、それ程酷くないと言う事も実は珍しくありません。
では、軽いぎっくり腰の症状とはどういった物でしょうか。

 

大きな特徴の一つは、痛みがある程度早い段階で良くなると言う事です。
一般的に酷いぎっくり腰の場合、動く事が出来ない状態が数日続くと言う事も珍しくありません。
また良くなってきたかなと思った時に動くとまだ痛くて辛いと言う状態がある程度の時間続く場合もあります。

 

軽いぎっくり腰の場合はある程度早い段階で炎症が治まる為、痛みも軽く済みます。
勿論痛みが軽減してから再び痛みを感じると言う事も少なくなっているため、それ程辛い状態が続いてしまうと言う事もありません。
また基本的にぎっくり腰を治す場合は最初炎症を抑える為に冷やし、その後は回復させる為に温める必要がありますが、軽い場合は冷やすだけでも良い場合が多々あります。

 

基本的に最初に感じる痛みと言うのは重い軽いあまり関係はありませんが、症状が軽くなると言う事、さらに痛みがあまり継続しない事などが大きな特徴です。
またそれ程安静にしていなくてもある程度状態が軽減して行く事が多いと言うのも軽い場合の症状の特徴と言えます。
ただ軽いからと言って動きすぎてしまうと結果的には悪化してしまう場合もあるので、ある程度の期間は腰をいたわりながら負担を掛けない様に意識して動く事が重要です。
"