ぎっくり腰の治し方すぐに痛みをとる方法

MENU

再発の可能性と確率

ぎっくり腰とは「急性腰痛症」と呼ばれ、突然腰に激痛が走る腰痛のことでその程度は人や状況によって様々です。悪化して起き上がれなくなったり歩けなくなったりもします。
移動できなくなればその場で寝ているしかなくなるほどの恐ろしい腰痛で、無理なことをしなければ徐々に回復しますが、対処を間違えると痛みが長引いたり治りにくくなったりします。
ぎっくり腰はクセになりやすく、一度治ったあとも何もせず放置していると再発することも多くやっかいです。
また再発しやすいパターンもあります。
一つは同じ部分に負荷がかかり続けることによる再発のパターンです。仕事やスポーツなどの日々の生活の中で同じ部位に負担が掛かり続けることで、ふとした時にぎっくり腰が再発します。また朝は筋肉が硬いことが多いので起き上がる拍子に腰を痛めることもあります。
二つ目は上記とは別の部分に負荷がかかることによる再発のパターンです。部分的に負荷がかかるとそれを庇うようにして別の筋肉や関節にも負荷が生じます。そのしわよせによってぎっくり腰が再発したりします。
3つ目は精神的ストレスによる再発のパターンです。ストレスはどんなものにも影響を及ぼしますが、ぎっくり腰にも同様です。精神的ストレスは腰を支える筋肉の機能を低下させるといわれています。なので心身のリフレッシュを日々心がけましょう。
どうしても痛みが長続きする、痛みが引かないといった場合は整形外科やかかりつけの医師に相談することも大切です。
"