ぎっくり腰の治し方すぐに痛みをとる方法

MENU

急に腰が痛くなる原因は?

急に腰が痛くなる原因は人によって違いますが、次に挙げることの中に当てはまっている人は多いです。まず筋肉が疲れていることです。筋肉が慢性的に疲労していると、腰の痛みという症状が突然訪れます。中腰で荷物を持ち上げる瞬間など、日常的な動作がきっかけとなって痛くなります。これは毎日少しずつ蓄積させた痛みが許容量を超えたサインです。睡眠不足や座りっぱなしの生活が筋肉を疲れさせます。次に骨格が歪んでいることです。長時間同じ姿勢をしやすい人は、柔軟性を失うことで同じ骨格や筋肉ばかりを使うようになります。すると使う筋肉に大きな負担がかかる一方で使わない筋肉は緩むため、筋力のバランスが崩れて骨格にも影響を及ぼします。さらに食生活が乱れるのも急な腰痛の原因です。腰の痛みを訴える人の85%が、レントゲンなどの画像検査で原因を特定することができます。この場合に考えられる原因として多いのが、内臓の機能が低下していることです。内臓が疲労するとそれ自体が硬くなってしまいます。内臓を支える筋肉も硬くなるので、それまで筋力で感じていなかった負荷が全て腰にかかり痛みを発症します。特に胃の不調は腰痛となって現れやすいです。食べ過ぎやストレスによる胃潰瘍や十二指腸潰瘍では、消化液で臓器を傷つけていますが、胃痛や胸焼けなどの炎症が悪化すると痛みが広がります。他にも暴飲暴食でアルコールや糖質、脂質を過剰摂取すると肝臓に負担がかかるので、周りの筋肉に影響を与えます。