ぎっくり腰の治し方すぐに痛みをとる方法

MENU

ぎっくり腰にロキソニンが痛みをって本当?効果は?

ぎっくり腰が痛くて少しでも痛みをとりたい!怖くて動けない人にはぎっくり腰専用のサポーター
お薦めです。

 

 >>医者が考案した固定ベルト<<
ぎっくり腰固定ベルト 

 

 

 

ぎっくり腰にロキソニンが痛みをとるって本当?

 

ぎっくり腰って激しい痛みが本当に辛いですよね。そんな痛みを抑える薬ってないのかな?そんなことを考えたことがある人も少なくないはず。今回はぎっくり腰の痛み止めにも使われるロキソニンについてお話したいと思います。

 

ロキソニンとは?

 

ぎっくり腰にロキソニン

ぎっくり腰で薬を使っても大丈夫なのかな?という不安がある方も多いと思うので、まずは薬の説明からしていきます。

 

ロキソニンとは炎症を沈め、痛みを和らげる効果があるので鎮痛剤として使われてきました。

 

以前は劇薬指定されていたので普通に手に入れることはできませんでしたが、最近ではその指定もなくなったので、薬局でも簡単に手に入れることができるようになりました。

 

生理痛に効く薬として名前を聞いたことがある人もいるかと思います。
ロキソニンには内服薬とロキソニンテープという貼り薬があります。それぞれに副作用があるので説明したいと思います。

 

 

ロキソニン内服薬の副作用

 

腹痛、食欲不振、吐き気、下痢、眠気、めまい、などがあります。
内服薬には胃を荒らす副作用が多いです。

 

 

ロキソニンテープの副作用

 

かゆみ、湿疹、などがあります。
貼るタイプなので体内への影響がない分、肌に直接副作用が出てしまいます。

 

*人によって効果、副作用が異なります。

 

他にもボルタレンという似た効果の薬もありますが、こちらのほうが、効き目が強い分、副作用も強いので使うことは極力避けましょう。

 

 

ロキソニンはぎっくり腰の痛みを取る?

 

ぎっくり腰にロキソニン

ロキソニンはぎっくり腰の炎症や痛みを和らげることも可能です。ロキソニンテープの場合は患部に直接貼りましょう。

 

ですがロキソニンに頼るのは基本的な処置を行った後か、どうしても痛みがつらいときだけにしましょう。

 

ぎっくり腰になったらまずは楽な姿勢で安静にして、アイスパックなどで冷やすことで炎症を抑えます。

 

そこから必要であれば湿布を使い、痛みが引いたら温めていくというような処置を行えば、自然に治癒するものです。

 

そもそもロキソニンとは痛み止めであって症状を治す薬ではありません。それにロキソニンを使えば副作用が少なからずついてきます。ですからどうしても最初の激痛に耐えられないならば使うようにしましょう。ただ使い過ぎには注意しましょう。

 

たくさん使ううちに体に耐性ができてしまい効き目がでにくくなってしまいます。

 

ロキソニンについてお分かりいただけましたか?もちろん薬ですので体に相性はあります。使う際はお医者さんの指示のもと、用法容量を守って使ってくださいね。

 

 

 >>医者が考案した固定ベルト<<
ぎっくり腰固定ベルト 

 

 

ロキソニンの効果

 

医薬品の中に、ロキソプロフェンナトリウムを主成分とする、「ロキソニン」という薬があります。

 

錠剤や細粒などの内服薬の他にも、テープ剤やパップ剤、ゲルなどの外用薬の種類があって、炎症を鎮めてくれる作用があり、腫れや痛みを緩和してくれる効果をもっています。さらには、熱を下げてくれる効果もあり、解熱、鎮痛、消炎が必要とされる場合に処方されています。

 

例えば、関節痛や腰痛、歯の痛みなどに処方されることがあり、通常成人にロキソプロフェンナトリウムとして、1回60mgを1日3回服用することになります。頓服として処方される場合には、1回60mg〜120mgを服用することとされています。

 

また、急性上気道炎などの解熱と鎮痛の目的の場合には、頓服で通常成人にロキソプロフェンナトリウムとして、1日最大180mgが限度とされ、1日2回まで服用が可能となっています。

 

「ロキソニン」は、良い効果が現れやすく安全性も高いとされていますので、解熱、鎮痛、消炎として、広く用いられる医薬品になっています。現在では、「ロキソニンS」として、ドラッグストアなどで購入することが可能な、第1類医薬品としても販売されています。

 

「ロキソニン」には、医療機関で医師が処方してくれる薬と、市販薬として販売されています「ロキソニンS」がありますので、短期間のみ頓服で服用される場合には、薬剤師に相談をして市販薬を購入し、服用されるのもいいでしょう。

 

ロキソニンは市販されているの?通販で購入できる?

 

ぎっくり腰にロキソニン

ロキソニンは、ロキソプロフェンナトリウム水和物で構成される解熱鎮痛剤として市販されています。

 

過去には、ロキソニンを入手するためには医師の処方箋を必要としましたが、2011年から処方箋なしでも購入できるようになりました

 

処方箋なしで購入できる医薬品はリスクに応じて区分されており、ロキソニンは、第1類医薬品に該当します。第1類医薬品の販売には一定の制限があり、第1類医薬品の販売許可がある販売店で、さらに薬剤師が不在ではないという条件があります。

 

ドラッグストア・個人経営の薬局において、このような条件が揃えば、購入可能です。また、インターネットを通じての購入も可能です。オンラインショップ画面上での購入時に、症状・処方の確認を入力すれば、後日配送によってロキソニンを受け取ることができます。

 

ただし、このような市販可能な薬に頼ることには注意が必要です。例えば、急を要する症状に対処したい時、救急などの目的で医療機関の処方が受けられないことです。

 

歯痛、生理痛、頭痛、関節痛など耐えられない痛みを速やかに和らげたい時、実店舗では営業時間内かつ薬剤師の勤務時間に拘束されることもあります。

 

そして、インターネットでの購入は、商品到着まで配送時間がかかります。また、効用の面では、医師が処方するロキソニンと市販のものとは含有成分が異なる場合もあります。これらのことを念頭に置いて、市販薬としてのロキソニンは、消費期限内を守り、症状に合わせて常備することが望ましいといえます。

 

ロキソニンは解熱効果あるの?

 

ロキソニンは生理痛や歯痛、頭痛、打撲痛、ねんざなどで使われることが多い鎮痛剤です。

 

ロキソプロフェンナトリウムと言われる非ステロイド系抗消炎薬の成分が入っていますが、この成分にはプロスタグランジンと呼ばれる痛みや炎症を引き起こす物質が体内で作られるのを防ぎ、炎症を鎮め、発熱を抑える働きがあるため鎮痛効果の他に解熱効果もあります。

 

ロキソニンは錠剤と顆粒、ドライシロップなどの内服薬と、湿布などに含まれる外用薬があります。ロキソニンは市販薬としても販売されており大変良く効く薬ですが、15歳以下の子供には使用しません

 

また、1日に2回の服用が限度です。飲んでから早くて15分、遅くても1時間ほどで効果が出てきて、半日以上効き目が持続します。飲んで痛いことがあっても立て続けに飲まないように注意しましょう。

 

副作用としては胃の痛み、下痢、口内炎などがあります。病院で処方されるときは一緒に胃薬も出されることがあり、胃を荒らす危険性があります。重篤な場合は胃潰瘍になることもあります。

 

痛くならないためには、物を食べた後すぐに飲む、コップ1杯の水と一緒に飲むということを行うと和らぎます。胃の痛みが気になる場合は医療機関か薬剤師に相談するようにします。

 

この他、眠気が出ることがあります。特に熱が出ている時は体力が消耗しており、眠気に拍車をかけます。危ない機械を扱ったり、運転したり、ということは控えるようにします。

 

ロキソニンは酒(アルコール)飲んでいても服用して大丈夫?

 

ぎっくり腰にロキソニン

ロキソニンは痛みや腫れを和らげる作用があり、熱を下げる非ステロイド系の解熱鎮痛消炎剤となります。

 

ロキソニンは消火器系における副作用が少ない医薬品となりますが、痛みを抑制させる作用のメカニズムとしては、プロスタグランジン生成阻害によるものですので、胃粘膜への障害があります。

 

アルコールも胃粘膜の障害を起こしますので、ロキソニンと酒(アルコール)は一緒に飲むと、消火器系の副作用が生じやすくなります。

 

医薬品とアルコールの関係では、薬を服用しているときに飲酒することは避けたほうが良く、酒以外にもアルコールを含んでいるドリンク剤や整髪料、化粧品などについても避けたほうが良いと言えるでしょう。

 

アルコールによって代謝が妨げられることがあり、アルコール中毒になると血圧の低下や呼吸困難、嘔吐などの症状が現れる可能性があります。

 

ロキソニンは感動で代謝される量が少ない医薬品で、アルコールの代謝との関係は弱いと言えます。ただし、ロキソニンSの添付書類では、服用前後に飲酒を行わないように注意喚起されています。

 

アルコールは嗜好品ですが、適量の摂取の場合には精神的にも肉体的にも良いものとなります。しかし、過量に摂取してしまうことで、体に及ぼす影響が大きくなりますので、医薬品の服用時には避けたほうが良いです。

 

体内にアルコールが残っている状態で薬を服用すると、アルコールと薬の両方の吸収と排泄の代謝において、相互に症状が出てしまうので注意が必要です。

 

ロキソニンの効果時間

 

ロキソニンは頭痛、生理痛、関節痛などといった痛みに対して処方されている薬です。そのような一般的な痛みという場合や外科手術を受けた後の痛みに対しても処されているものです。

 

国内で使っている人の数はおよそ4,500万人以上の人に使用されていると言われます。国内で開発された非ステロイド系の鎮痛剤として30年にもわたりよく効く鎮痛剤としてほとんどの科で使われてきました。

 

痛みを感じるのは脳にある痛み物質が、体に炎症などが起きた時に多量のものが出されていきます。それを脳が感じることで痛みとなり、炎症により体温が上昇するようになります。

 

ロキソニンはその痛み物質の発生を抑えるという働きを持っているのです。炎症を起こしていく体の痛みの全てに効果があり、痛みを取り、熱を下げて、腫れも引くようになります。

 

現在は市販薬としても多くの所が販売をしています。日常によく起きる風邪、生理痛、頭痛などには自分で購入して使用できるという便利さがあります。

 

ロキソニンを痛みに対して使用した時に効果があらわれる時間はその人の状態などで多少の違いはありますが、概ね服用後15分から60分で効果が認められています。

 

およそ半数以上の人は服用後30分程度で効果が出ています。そして、その効果の持続時間というのは、やはり、症状やその原因にもより違いはありますが、多くは5時間から7時間があります。

 

ロキソニンを続けて服用する時にはその間隔は4時間から6時間はあけることが望ましいです。

 

 

ロキソニンの生理痛への効果

 

ぎっくり腰にロキソニン

ロキソニンは生理痛の鎮痛に効果があると言われています。それは、ロキソニンのプロスタグランジンの合成抑制作用によるものです。

 

生理痛の原因は、プロスタグランジンという物質です。出産時の陣痛促進剤としても利用されている物質で、子宮の筋肉を収縮させる働きがあります。

 

生理は妊娠しなかったために不要になった子宮内膜を排出するもののため、身体は子宮内膜をスムーズに排出するためにプロスタグランジンを生成して子宮を収縮させます。

 

生理痛はスムーズに経血が排出されないためにプロスタグランジンの生成量が多くなってしまい、子宮が収縮されて痛みが生じてしまうのです。また、プロスタグランジンは痛みを感じやすくするという作用もあり、普段なら痛いと感じないものも痛いと感じてしまうようになります。

 

この2つの作用によって生理痛が生じてしまうのです。ロキソニンは痛みの原因となるプロスタグランジンの生成を抑制する効果があるため、生理痛に効果があります。

 

しかしプロスタグランジンは胃の保護粘膜にも作用しているため、副作用として胃の粘膜の保護が弱まり胃痛などを引き起こしてしまう可能性があります。

 

また、ロキソニンの生理痛への効果は対処療法となるため、痛みの原因となっている経血の排出をスムーズにする必要があります。

 

冷えによる血行不良が経血の排出が滞ってしまう理由のため、下腹部や腰のあたりをカイロで温めるなどして経血をスムーズに排出することが根本的な解決策となります。