ぎっくり腰の治し方すぐに痛みをとる方法

MENU

ぎっくり腰の痛みが楽になる寝かたとお薦めのマットレス

ぎっくり腰や腰痛の寝方
 ぎっくり腰の治療としてたくさん寝ることが大事なのは知っているけれど、痛みが辛くて寝付けない、変な寝方をしてしまって、寝ている間に悪化させてしまうのではないか、そういう不安を抱える人たちのために今回はぎっくり腰の寝方についてお話します。

 

@ ぎっくり腰の楽な寝方

 

 

 

ぎっくり腰の治療でよいとされているのはうつぶせで寝ることです。これは腰が上を向くことで、負担がかからなくなるからです。ですがうつぶせで長時間寝るというのは、内臓が圧迫されるので苦しいですし、呼吸もしづらいですよね。ですから、普段の睡眠での姿勢は横向きになることをおすすめします。横向きに寝る時は痛みが強いほうの腰を上にします。そして一番痛みが少ないと感じるところまで体を丸めると楽に寝られます。この時に両足の間にクッションなどを挟むことで腰の位置を固定できるのでより楽です。
寝ている間は無意識に寝返りを打ってしまいますが、その時の痛みで寝付けなくなってしまうこともあります。そんな時は横向きになった背中の後ろに布団を置いて寝返りを打つのを防ぐことができます。
仰向けでどうしても寝たい場合は膝を立てることで少し楽にはなりますが、腰に体重が乗って負荷がかかるので、基本的におすすめしません。

 

A 腰痛に最適なマットレスは低反発?高反発?

 

 低反発マットレスは、体を優しく包み込んでくれるので、寝心地がとてもいいですよね。ですが低反発マットレスにデメリットがあることをご存知でしたか?低反発マットレスは深く沈みこむ性質があります。これにより、寝る時に体の重さがかかる背中や腰が深く沈んで、腰に負担がかかってしまうのです。また体が沈み込みで固定されることにより、寝返りを打つことが難しくなってしまいます。人は寝返りを打つことで、筋肉が固まるのを防いだり、血液の流れを良くしたりしているので、それが上手くできないとぎっくり腰になる可能性も上がります。
 その一方、高反発マットレスは、頭と首をしっかりと固定でき、適度に反発するため、体へかかる圧も均等になります。また寝返りもうちやすく、通気性にも優れています。
 こうしてみてみると高反発マットレスの方が腰痛の方に適しているといえます。ですが固ければ何でもいいというわけではなく、自分にあったものを選ぶことが大切です。

 

 寝方ひとつで腰への影響は大きく変わってきます。腰痛もち、ぎっくり腰の方は是非一度試してみてくださいね。